まとめて暗記できる英単語カードの作り方!超豪華な確認テスト付き!「~fect」シリーズ

「『~フェクト』って何種類かあって紛らわしい!」「アフェクトとかエフェクトとか区別がつかない!」という中学生高校生の方へ。東大卒講師歴20年の管理人が「fect」で終わる単語を記憶に残るよう整理して図解しました。記事を読めば「fect」シリーズをまとめて暗記できるようになりますよ!

→参考記事「カードを作るべきでは「ない」時」

「~fect」の覚え方

こんにちは。図解講師の爽茶です。

確かにアフェクトとかインフェクトとかウフェクトとかエフェクトとか…「~フェクト」って何種類かあって紛らわしいです(ごめんなさいウフェクトはありませんw)。

それなのにまとめてある単語帳も無い…こういう時こそ自作カードの出番です。

作った暗記カードはコチラ!

グループAを方眼カードの裏表に書いたイメージ

グループBを方眼カードの裏表に書いたイメージ

「fect」は2つのグループに分ける

このシリーズの語根である「fect」は、ラテン語の「facere」[ファシル]に由来します。

「facere」は「作る」を意味します。当サイトでは「作用する」という日本語も用いています。このイメージを共通項として暗記の手がかりにしますが、覚えやすいように2つのグループに分けます。

「fect」シリーズ
❶「作用する」系グループ
→effect,affect,infect
❷「作る」系グループ
→perfect,defect
では、始めましょう。

グループA(作用する系)

fectシリーズのグループA(作用する系)のイメージ。effect,affect,infect
品詞に注意して下さい。effectは名詞、affectとinfectは動詞です。

effect[イフェクト](名詞)=影響

成り立ちとイメージ

e(=ex)(外に)+ fect(作用する)

例文と訳

 

派生語

effective[フェクティヴ](形容詞)=効果的な、effectively[フェクティヴリィ](副詞)=効果的に

affect[アフェクト](動詞)=~に影響を与える

成り立ちとイメージ

a(=ad)(~に)+ fect(作用する)

例文と訳

 

派生語

affection[フェクション](名)=愛情、affective[フェクティヴ](形)=感情的な、affectionate[フェクショナト](形)=やさしげな

関連

influenceは間接的な影響を意味するのに対して、affectは直接的な影響を与える事を意味するのが異なります。

infect[インフェクト](動詞)=~を感染させる

成り立ちとイメージ

in(中に) fect(作用する)

例文と訳

 

派生語

infection[インフェクション](名)=感染、reinfect[インフェクト](動)=二次感染させる、reinfection[インフェクション](名)=二次感染

グループB(作る系)

perfect[パーフェクト](形)=完全な/[パーフェクト](動)=~を完成させる

成り立ちとイメージ

per(完全に) +fect(作る)

例文と訳

 

派生語

perfection[パーフェクション](名)=完成、完全性

defect[ディフェクト](名詞)=欠点

成り立ちとイメージ

de(否定) +fect(作る)

例文と訳

 

派生語

defective[ディフェクティヴ](形)=不完全な=imperfect[インパーフェクト]

確認テスト!!

スライダー形式のテストです。
左にスワイプして右側のページに進みます。
赤い枠が問題です。次のページに進むと、青い枠内に答えが表示され、新たな問題が赤い枠で表示されます。

fect-seriesA

Slider: 画像が見つかりません。

fect-seriesB
01
02
03
04

カードを作って暗記しよう!

フェクトシリーズの意味とイメージが一致して覚えやすくなってもらえると嬉しいです。受験生の方はカードを作って、きちんと「記憶」しないとダメですよ!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました