慶應志木高校の入試問題(数学)の傾向と対策

ただ難しいと考えていませんか?

難しい分野とそうでもない分野が混じっています。

中学数学全体を中2までに終了させて、中3夏からは過去問対策を始める。

特に難しい分野については中1/中2から特別な対策を行わないと大変。

目次(クリックでジャンプ)

スポンサーリンク

各問題の傾向

大問1

数論分野。文字式方程式、場合の数・確率。

これが一番難しい。中学受験で出るような問題が多く、教科書や問題集とのギャップが大きい。

中学受験の数論分野を数学に変えて解く訓練を1・2年のうちにやっておくと良い。

数の計算や確率については高校数学を先取りしておくと良い。

大問2以下

大問1に比べると易しい

対策

ギリギリ合格するなら最低55点を取れるようにする

 

タイトルとURLをコピーしました